ルーフバルコニーを改修する

自着層付き通気緩衝剤(手塗り)

代表工法
ZHT-300 or DST-300ゼロ
採用POINT
  • バルコニーより大面積の場合に適用
  • 各現場の形状どおりに施工することができる。
  • 狭小部分や複雑な形状に施工可能
  • 既存防水層の状態によっては適用できない場合がある

▲部位から選ぶへ戻る

ベランダを改修する

密着工法(手塗り)

代表工法
T-ZH
採用POINT
  • 防滑性ビニル床シート端部から側溝、巾木にウレタン塗膜を用いた仕様
  • 階下に居室がない部位に適用
  • 狭小部分や複雑な形状に施工可能

▲部位から選ぶへ戻る

階段室・開放廊下を改修する

密着工法(手塗り)

代表工法
T-ZH
採用POINT
  • 防滑性ビニル床シート端部から側溝、巾木にウレタン塗膜を用いた仕様
  • 階下に居室がない部位に適用
  • 狭小部分や複雑な形状に施工可能
kaidan

代表工法:ダイナフロアシステム

密着工法(スプレー)

代表工法
F-SP
採用POINT
  • 全面にウレタン塗膜を施す仕様
  • 防滑性ビニル床シートと組み合わせて複合防水として高い防水性能を発揮
  • 階下に居室がある場合に適用
  • 複雑な形状に施工可能な超速硬化ウレタン
kaidan_spray

代表工法:ダイナフロアシステム

▲部位から選ぶへ戻る

金属屋根を改修する

密着工法(スプレー)

代表工法
SPM-160SK/SPM-200SK
採用POINT
  • 複雑な形状や傾斜部にも均一な防水層を形成
  • 防水材料を塗布することにより、優れた水密性を実現し、鋼板・鉄板を錆による腐食から防ぐ
  • 金属特有の降雨による反響音の消音効果が得られます。

代表工法:クイックスプレー

▲部位から選ぶへ戻る

シングル屋根を改修する

密着工法(ゲット)

代表工法
G-Y-S
採用POINT
  • 従来の超速硬化ウレタンと比較して厚みが2倍
  • ピンホール抑制効果が高いため、粗面下地の改修に最適
  • クッション性があるため、従来の工法に比べ吸音性に優れている
single

代表工法:ゲットシステム

▲部位から選ぶへ戻る