既存防水が、露出アスファルト防水の場合

屋上

機械的固定工法(手塗り)

代表工法
DSR-300ゼロ
採用POINT
  • 既存防水層をほとんど撤去せずに改修
  • アンカーピンで部分固定する仕様
  • 既存防水層の状態はあまり関係なく施工可能
kikaitekikotei

自着層付き通気緩衝工法(手塗り)

代表工法
DST-300Cゼロ
採用POINT
  • 既存防水層をほとんど撤去せずに改修
  • アンカーピンを使わない自着シート仕様
  • 既存防水層の状態によっては適用できない場合がある
tsuki_cant_sunatsuki

密着工法(圧縮空気混入型スプレー)

代表工法
G-OR-S
採用POINT
  • 使用材料が少ないため、省力化で工期短縮
  • さらにスプレー吹き付け施工により工期短縮
get_sunatski

▲部位から選ぶへ戻る ▲改修方法一覧へ戻る

コンクリート押え

屋上

自着層付き通気緩衝工法(手塗り)

代表工法
DST-300ゼロ
採用POINT
  • コンクリート層を撤去せずに改修
  • 通気緩衝シートが、下地挙動を吸収・緩和することでウレタン防水層の破断を防ぐ。
  • 上層がウレタン防水層であるため、次回重ね塗り改修による低コスト改修が可能
tsuki

通気緩衝工法(スプレー)

代表工法
SPT-300
採用POINT
  • スプレー吹き付け施工により工期短縮
  • 通気緩衝シートが、下地挙動を吸収・緩和することでウレタン防水層の破断を防ぐ。
  • 高品質を生み出す超速硬化ウレタンと機械化コントロールすることができる
tsuki_spray

▲部位から選ぶへ戻る ▲改修方法一覧へ戻る

既存防水が、ウレタン防水の場合

屋上

密着工法(手塗り)

代表工法
DSOR-200ゼロ
採用POINT
  • ウレタン防水材のメリットを活かした増し塗り改修工法
  • 既存ウレタン防水層の傷み具合が良好な場合、最も経済的な改修工法
micchaku_over_urethane

代表工法:DSカラー・ゼロ

密着工法(スプレー)

代表工法
SPOR-200
採用POINT
  • スプレー吹き付け施工により工期短縮
  • 均一膜厚で高い耐久性の仕上げが可能
micchaku_over_spray_urethane

代表工法:クイックスプレー

密着工法補強布入り

代表工法
DSOR-200Mゼロ
採用POINT
  • ウレタン防水材のメリットを活かした増し塗り改修工法
  • 補強布により耐久性が増し、膜厚管理しやすくなる
micchaku_over_mesh

代表工法:DSカラー・ゼロ

▲部位から選ぶへ戻る ▲改修方法一覧へ戻る

既存防水が,の場合

屋上

密着工法(スプレー)

代表工法
SPOR-200
採用POINT
  • 既存防水層をほとんど撤去せずに改修
  • スプレー吹き付け施工により工期短縮
  • 既存防水層の段差や凹凸の影響を受けず、均一な防水膜厚が確保できる
micchaku_over_spray_sheet

自着層付き通気緩衝工法(手塗り)

代表工法
DST-300Cゼロ
採用POINT
  • 既存防水層をほとんど撤去せずに改修
  • アンカーピンを使わない自着シート仕様
tsuki_cant

機械的固定工法(スプレー)

代表工法
SPR-300
採用POINT
  • 既存防水層をほとんど撤去せずに改修
  • スプレー吹き付け施工により工期短縮
  • 機械化コントロールにより生み出す高品質な超速硬化ウレタン
kikaitekikotei_spray

機械的固定工法(手塗り)

代表工法
DSR-300ゼロ
採用POINT
  • 既存防水層をほとんど撤去せずに改修
  • アンカーピンで部分固定する仕様
  • 既存防水層の状態はあまり関係なく施工可能
kikaitekikotei

代表工法:DSカラー・ゼロ

 

▲部位から選ぶへ戻る ▲改修方法一覧へ戻る