カタログ

DFグラウトシステム(コンクリート補修工法)

コンクリート構造物も年数が経過すると様々な劣化現象が出てきます。
とりわけコンクリートのひび割れは、水や炭酸ガスの進入路となり、漏水・鉄筋腐食・中性化をひき起こし、建造物に致命的なダメージを与えます。またモルタルやタイルなど外装材に発生する浮きは、防水上・美観上の問題だけでなく落下による危険性をひき起こします。補修工事はこれらの劣化現象を修復し、コンクリート構造物をより永く維持させるために大切なものです。
私たちはより効率的で確実な補修工事を行なうために、コンクリートの不具合な空隙を埋める多種多様なエポキシ系およびポリマーセメント系の接着剤を取り揃えています。
また効果的な補修を行なうための注入器具・アンカーピン・仮止めシール材など特長ある製品を取り揃え、コンクリート構造物のひび割れ・浮き・欠損・漏水を主とした補修工事に対応しております。

カタログダウンロード

df_groutsystem_icon  【2016年8月】
大カテゴリー:  

一覧へ戻る