安心の追求:その4『滑りにくい×柔らかい=?』

床材の永遠のテーマが『滑りにくくて、汚れない』ことである。
この相反する2つを同時に実現させることが、いかに難しいことかお分かりいただけるだろうか。

「滑りにくい=転びにくい=防滑仕上げ=骨材(硅砂など)撒き=ゴミが溜まる=そうじがしにくい=汚れる」という公式がひとつ。
また、「汚れない=表面が滑らか=よくすべる」という公式がもうひとつである。

工場などの大人が使用するところならば、滑らない靴を履くことが最も簡単な解決方法であるが、子供が使う場所にはそんな理屈は通用しない。
つい最近もあったが、プールで子供が滑って事故を起こした場合、大変な問題になってしまう。転んで頭を打ったりしたら大変である。
プールサイドは滑らない対策として、コンクリートそのままの状態か、ノンスリップのシートが貼ってあるケースがほとんどである。しかし、コンクリートそのままの状態は表面温度が大変高く、座るにしてもタオルを敷いて座わらなければならないことは、皆さんもご経験済みでしょう。

ここで注目されたのが、以前にもご紹介したことがある校庭に使用したゴムチップウレタン舗装であった。
転んでもクッション性があり安全で、舗装材表面のザラつきも細かいゴム製なので裸足でも大丈夫。少々表面温度が上がるという難点があったが、最近では表面の保護塗料の改良により(遮熱塗料)、その点もかなり進化した。ダイフレックスにおいても数多くのプールサイドの実績がある。

この工法は、現場点検に行くと感謝されることである。施設管理の担当者は異口同音に『事故が減ってよかった』と言う。ウレタンの持つ本来の特性『柔らかい』『水に強い』『丈夫』が、活かされた素晴らしい工法であるといえであろう。
また、同様の使用法として、保育園や幼稚園の犬走り(教室から園庭にでる途中のコンクリートの部分)に施工されるケースも数多くある。これも子供達の安全確保のために非常に役に立っている。

ゴムチップウレタン舗装材は、通常の塗り床材や塗装に比べると高価なものであるが、『転ばぬ先の杖』として、お金で買える安全だと思えば高い買い物ではないかもしれない・・・。

1 / 11