昨年に引き続き、「ダイフレックス企業製品セミナー2021」をオンラインのライブ配信にて開催致します。
今回は2025年日本国際博覧会「大阪・関西万博」にて会場デザインプロデューサーに就任されました建築家藤本壮介氏を基調講演にお招きし、
「Between Nature and Architecture」というテーマでご講演を賜ります。
弊社からは、昨今ご採用いただく機会が増えております超速硬化ウレタン複合防水の最新情報や新たな取り組みのご紹介、また様々な建築デザインを可能にする屋上防水のディテール等について講演させていただきます。
昨年、コロナ禍で急遽オンラインセミナーに切り替え実施し、非常に良い評価をいただくことができましたので、今年は第2弾の開催となります。オンラインかつライブでの配信をいたしますので、対面セミナー同様のライブ感を味わっていただけるよう、準備しております。
世界で活躍されております藤本壮介氏。日本国内もとより、世界中の建築に携わる皆様のご参加をお待ちいたしております。
日時
2021年5月13日(木)13:30~16:00
会場
オンライン開催
定員
配信数に限りがございますので、
お早めにお申し込みください。
参加費
無料
講演内容
(予定)
■第一部 基調講演 13:30~15:00
 藤本壮介建築設計 事務所 藤本 壮介 氏
― Between Nature and Architecture ―
■第二部 メーカー講演 15:00~16:00
株式会社ダイフレックス 営業推進チーム
― これからの防水を考える(超速硬化ウレタン複合防水の展開) ―
WEB配信
オンラインWEB配信を予定しております。
開催前日までに申込時に入力いただいたメールアドレスへ当日の視聴方法について、ご案内します。
特記事項
※フリーメールサービスで取得されたメールアドレスでは、ご登録していただくことができません。お申し込みの際は社用アドレスをご入力お願いします。
※同業他社様のご参加は、お断りさせて頂くケースがございます。
問い合わせ先
株式会社ダイフレックス セミナー事務局
E-mail dyflex.promotion@gmail.com

ダイフレックス企業製品セミナー 参加お申込みフォーム

お申込み
プログラム
ダイフレックス企業製品セミナー2021
2021年5月13日(木)
13:30~16:00 (入室開始13:00~)
参加費:無料

内容にお間違いないようご確認いただき、
下記「送信」ボタンをクリックしてください。

メールアドレス<必須>
<必須>
※⽇本語表記で⼊⼒
<必須>
※⽇本語表記で⼊⼒
会社名<必須>
部署名
お勤め先ご住所<必須>


電話<必須>
業種<必須>
CPD単位の登録<必須>
 必要 不要
CPD ID
CPD単位の登録が必要の場合記入してください
姓︓カナ
CPD単位の登録が必要の場合記入してください
名︓カナ
CPD単位の登録が必要の場合記入してください
本セミナーは何で知りましたか︖<必須>
会社名
上記で組合員・工業会員からご紹介を受けた方は、その会社名をお知らせください。
本セミナーへの参加デバイスをお知らせ下さい。
(予定でかまいません)<必須>
 パソコン スマートフォン タブレット
ZOOMアカウントはお持ちですか︖<必須>
指定URLからブラウザで視聴可能ですが、事前にZoomをダウンロード(無料)頂いた⽅がスムーズに視聴できます。
 ある ない ZOOMアカウントを取得予定
Google chrome(推奨ブラウザ)をインストールしてご視聴下さい。<必須>
 確認しました

注意事項 (オンラインセミナー開催における特記事項)

1. 本セミナーではZoomビデオウェビナーを使⽤します。参加者全員が同⼀画⾯に映るシステムではありませんが、主催者側で指定した⽅のみ表⽰される場合がございます。(※事前了承済みの⽅に限ります)

2. 視聴に際し、Zoomビデオウェビナーへのログインが必要となります。

3. オンライン配信における機材や回線等、最善の準備を⾏い実施いたしますが、配信の特性上、不慮の⼀時停⽌や映像の乱れなどが起こる可能性があります。

4. オンライン配信は、お客様のインターネット環境や視聴環境により、スムーズな視聴が可能になります。会社貸与のパソコンなど、セキュリティが設定されている各種デバイスにて視聴する場合、Zoomクライアントが正常に作動しない場合もあります。必ず事前の確認をお願いいたします。

5. お客様のインターネット環境や視聴環境に伴う不具合に関しては、主催者は責任を負いかねます。

6. 本セミナーの⼀切の権利は主催者が有します。カメラ、スマートフォンなどによる画⾯録画・撮影・録⾳は全て禁⽌いたします。また、動画サイトやSNSなどへの無断転載や共有を⾏った場合、法的責任に問われる場合があります。

上記6項⽬の注意事項について